• >
  • 食堂楽

多彩な決済方法と管理システムで
食堂運営をフルサポート。
企業(学校)内食堂のキャッシュレス決済を目的とした食堂精算システム

特徴

  • さまざまな運用形態に対応
  • ・オートレジ
  • ・POSレジ
  • ・セルフ端末
  • ・グラムナビ
  • 各種決済システムとの連携が可能
  • ・給与控除
  • ・ローカルプリペイドカード(標準フォーマット)
  • ・ポストペイド
  • 各種カードに対応(未対応のカードも受託開発可)
  • ・FeliCa(楽天Edy、PiTaPa、交通系ICカード(Suica等)、
     QUICPay、社員証、プリペイドカード)
  • ・Mifare(社員証、プリペイドカード)
  • ・磁気カード(社員証、クレジットカード)
  • ・PET式プリペイドカード
  • ・多様なメーカーに対応、ハードウェアを自由に選択可能
  • オプション
  • ・人事システムとの連携
  • ・基幹LANでの運用
  • ・給与控除システムとの連携
  • お問合せフォーム
  • 資料請求
  • PDFカタログダウンロード

※本ホームページに記載された会社名および製品名・サービス名は各社の登録商標または商標です。

システム概要

管理システム(親機)

「食堂楽」管理システムで
商品登録から売上管理など日々の運営を集中管理

食券券売機、問合せシステム、自販機リーダなどもご用意可能。

規模、運用形態により機材を選定。組合せも自由。

精算端末の特徴

レジの種類 オートレジ

オートレジ

POSレジ

POSレジ

セルフ端末

セルフ端末

処理能力

1台あたり10人/分程度の処理が可能です。前精算、後精算どちらでも対応できますが、後精算にて運用した場合、より混雑解消に繋がります。

オペレーションによるところが大きいですが、序々に効率化は可能と思われます。

提供メニュー単位にカードをスキャンする必要があるため、他の精算方式より時間が掛かる傾向にあります。

メニューの変更対応
上位システムより献立データを配信する事により、各食器のメニューデータを変更可能です。朝・昼・夜と同一食器で異なるメニュー表示も対応可能です。


時間毎にメニュー表示を切り替えることができます。
上位集計システムより献立データの配信をする事によりメニューボタンの切替でき、朝・昼・夜など時間帯毎に表示メニューを変更が可能です。
無人オペレーションの可否
営業前後のオペレーションはありますが、営業中は無人化が可能です。
無人POSも可能です。
営業前後のオペレーションもほとんど無く、無人化が可能です。
ICプリペイドカード対応
※弊社標準フォーマット
精算対応しております。残高は精算時に確認できます。
通常の精算に加え、新規発行/チャージ/払戻し機能もございます。(追加オプション)
精算対応しております。残高は精算時に確認できます。
電子マネーの対応状況
交通系電子マネーを初め、楽天Edyなど各種対応しております。
交通系電子マネーを初め、楽天Edyなど各種対応しております。
電子マネー単位にリーダを用意する必要がございます。
導入コスト
利用者一人当たりの導入コストは高めです。より大きな規模の食堂への導入がおススメです。
各種端末のコストの中間に位置するバランスタイプです。
小規模食堂には絶対的なコストパフォーマンスを発揮します。

決済方法の特徴

決済方法 給与控除・口座引落 ローカルプリペイドカード
(弊社標準フォーマット)
電子マネー
(交通系電子マネー、楽天Edyなど)
社員証などカードのUID(ユニークID)を用い、精算を行なって頂きます。利用分は毎月、集計データを給与システムなどに引き渡します。 カードにチャージしたローカルマネーを用い、精算を行なって頂きます。エリア限定のマネーであり、運用方法の自由度も高いです。 広域マネーである電子マネーを用い、精算を行なって頂きます。運用ポリシーは原則、電子マネー毎に定められた内容に則ります。
精算時の利便性
チャージなど事前の手続きが不要で、利便性はかなり高いです。既に社員証などお持ちの場合、そのカードをそのまま利用することも可能です。また、精算時間も速い傾向があります。(残高などの書き込み処理が不要のため)
カードを持たない人への対応についても検討する必要があります。
チャージといったプリペイドカード特有のオペレーションが必要です。反面、運営側としては給与処理などの後方業務がなくなるメリットがあります。
大きなしくみに乗っかってシステムを利用する形となります。既にお持ちの同種のカードがあればシステムを利用することができ、新たに配布が必要ありません。
紛失・破損時の対応
有効/無効カードマスタの運用を前提とする事が多く、利用者保護が徹底できます。
匿名性が高いカードの場合、停止処理ができないケースもございます。紛失・破損時の運用はお客様が任意に設定可能です。
各電子マネーの運用ポリシーに則りシステムを利用頂きます。紛失時、残高保護ができないケースもございます。
導入コスト
控除ファイル、社員証フォーマットなど、お客様固有の仕様にカスタマイズする部分がありますが、カード販売機などは不要のため、導入コストは安価傾向です。
弊社標準のシステムを利用頂くため、カスタマイズは少ない傾向ですが、カード販売機などが必要のため、導入コストは高めです。
電子マネー、精算端末により様々です。

決済方法対応表

食堂楽システム オートレジ

グラムナビ

セルフ端末

POSレジ

ICカード販売機

社員証(FeliCa仕様)




お客様独自のさまざまなフォーマットに対応した実績があります。



給与控除対象のため、チャージ機は不要です。

ローカルプリペイドカード




弊社標準フォーマットに対応した端末であれば、追加カスタマイズなく利用できます。

弊社より提案可能です。高額紙幣対応機/低額紙幣対応機、チャージ専用機など、用途、目的に合った機材を提案します。

交通系電子マネー




対応済みです。

別途検定が必要です。なお、無人精算レジ連動モデルであれば、単体としての検定は不要のため、提案は問題ございません。

専用のリーダ端末を導入頂けます。(他の決済には対応しておりません。)

対応済みです。他の決済リーダを併設することが可能です。(決済手段は都度選択頂きます。)



弊社より提案可能です。

楽天Edy




対応済みです。




対応済みです。

対応済みです。社員証、ローカル電子マネーとの併用決済に対応することもできます。

対応済みです。他の決済リーダを併設することが可能です。(決済手段は都度選択頂きます。)


楽天Edy社より提供頂きます。(費用は別途ご相談)

システム利用例(日次処理)

システム利用例(日々業務)

システム利用例(月次処理)

システム利用例(月次処理)

管理システム

「食堂楽」とは、企業(学校)内食堂のキャッシュレス決済を目的とした精算システムです。オートレジ、POSレジを始め、多様な食堂運用形態に対応できるよう、各種精算端末を取り揃えております。

集計システム

エヌエスシステム株式会社

PAGE TOP ▲

Copyright (c) NS SYSTEM INC., ALL Rights Reserved.